インプラントとその価格について

By admin

インプラントとは、歯科における最先端の治療方法で、抜歯、もしくは脱落して欠損となった部位の骨に、適切な大きさ、長さのネジ状の金属を埋め込み、人口の歯根とする画期的な治療方法です。人口の歯根が埋入されたあとは、差し歯と同じ原理で、専用の結合部からなる歯を、埋入したものの上部に結合させるという形になります。見た目は普通の差し歯となんら変わらず、使い勝手も個人差はあるものの違和感も少ないです。本来なら何も無くなってしまった歯肉の上には義歯(入れ歯)を入れるのが一般的でしたが、人によっては順応性が低く、取り外しが面倒とのことからインプラントに移行するという人が増加傾向です。
手術を行うには、それを埋入することができる良好な骨の状態が必須となってきます。その状態を確認するために抜歯、もしくは脱落後の治りを待ってから、レントゲンやCTスキャンを撮り、ドクターの診断によって綿密な診断がなされて手術に入るという流れが一般的です。そのため、検査の緻密さやドクターの知識、インプラントの手術をするにあたっての機械や器具の費用、もちろん本体の費用、すべての状況から設定される手術の費用はかなりの高額になってきます。もちろん保険診療ではなく、自由診療、自費診療になりますので、すべての費用が自己負担となります。そしてこれらは自由診療なので保険診療とは違い、すべての歯科医院で決まった統一の価格が設定されているわけではありません。その医院によって価格に大きな差があるのもこの手術の特徴です。患者はこれを踏まえて歯科医院の選択を行う必要があります。だいたい現在の費用の幅は1本につき15万~60万くらいの差があると言われています。これらはすべてその歯科医院で決められているため、何をもってその金額に設定されているかは、歯科医院に直接出向いて詳しい内容の説明を受けるしか理由は分かりません。
費用はこのように高額ですが、人間のすべての健康を司るのは毎日の食事からです。食事がうまくいかなかったり、毎回我慢やストレスを抱えながらの食事は人生の生きがいをも奪いかねません。
そういったことから、保険診療でなんとなく通院をしていた人が、完全に口腔内のストレスを無くすといった意味で、高額の治療に踏み込むケースがふえているのです。今までの歯科治療に対する概念が少しづつ変化し最新の医療によって快適な毎日の生活ができる、そんな希望のある歯科治療のひとつです。